ABOUT | 山六水産オンラインショップ

寺泊の海が育んだ魚。地の魚が集う、それが山六水産。

地の魚、手間暇かけた鮭鱒、自釜で丁寧に茹で上げる蟹。
そのまま食す豪快さも、ひと手間かける繊細さも大切にしながら。

地魚のこだわり

新潟と佐渡の間を流れる海峡、越佐海峡。この越佐海峡の海流で育った魚は身の引き締まった好状態の魚が多く、昔から好漁場として知られています。山六水産では、寺泊港・出雲崎港で水揚げされたこの越佐海峡の地魚を直接競り落とします。店内には、浜直送の新鮮で種類豊富な海産物がズラリ。季節とともに日本海の魚種の移り変わりも楽しめる、これが地魚の面白味でもあります。時には珍しい魚に出会えることも!

刺身のこだわり

ブリやサーモン、マグロなどの定番刺身から、ノドグロや金目鯛などの普段なかなか目にする機会のない刺身が日替わりで並びます。寺泊・出雲崎の新鮮な地魚を刺身にした地魚刺身コーナーも好評!魚種の豊富さも山六水産ならでは。ひと手間加えたヅケ物・酢〆物や山六自家製塩辛などは、おみやげとしても根強い人気です。

鮭・鱒のこだわり

濃い赤、香立つ深い風味と味は紅鮭ならでは。サーモンピンクの色味、焼いても硬くならず、甘味と上質な脂が口を巡る時鮭。繊維質の身がほろほろと口でほどけ、脂ののった銀鮭。通が好む旨味の強い鱒。それぞれを、山六水産の職人が手間暇かけて甘塩・中辛・昔ながらの塩辛い山漬け・味噌漬け・粕漬け等に仕上げています。おみやげにもぴったりな逸品です。

蟹のこだわり

深海から深い旨味とともに水揚げされた紅ズワイガニ、コクのある甘味の強い本ズワイガニ。大釜で豪快に茹で上げます。前も見えないほどの湯気の中から姿を現す真っ赤に茹で上がったカニは、そのまま食すもよし、定番のカニ酢で食すもよし、濃厚なカニ味噌をすするのもまた格別です。パスタやコロッケ、サラダでちょっと贅沢に使ってみれば、カニ缶を使ったものよりも旨味とコクが加わり、ぐっと深い味わいに。

山六水産 株式会社

〒940-2502 新潟県長岡市寺泊下荒町9772番地38

TEL.0258-75-3161 FAX.0258-75-3399

JR越後線寺泊駅から越後交通寺泊大町行きバスで15分、終点下車、徒歩5分。
「寺泊 魚の市場通り」の赤・黄テントが目印です。